カナガンフードで愛犬愛猫の皮膚を丈夫に!犬猫の表皮の厚さ

犬や猫は私達人間とは表皮の厚さが違います。

 

rapture_20160720160827

 

それに犬や猫は皮膚は健康に保たなければなりません。

これは出来るだけ皮膚を刺激から守り、また何か外から皮膚に刺激があったとしても皮膚を守る為なんですよ。

 

その為に必要な事は犬や猫の皮膚を健康に保ってくれるフードを与えるという事が重要です。

 

カナガンのフードなら愛犬や愛猫の皮膚を健康に保ってくれるでしょう。

 

これは市販のフードでは決して成しえない事です

 

まずは犬や猫の表皮についての説明から入らせていただきます。

 

カナガンのフードは皮膚を健康に保つ

 

犬や猫となると人間とは違いますから、体の構造もやはり違うんだろう・・・

 

なんて思っている飼い主さんもいます。

 

でも実は皮膚に関しては構造はほとんど同じなのですが、一つ人間と犬や猫とで違いがあるんですよ。

それは表皮の厚みです。

 

私達の皮膚は層になっていますが、これは犬も猫も同じ。

 

ですが表皮、つまり肌の表面の厚さが人間と犬猫では違うんですよね。

 

こちらの画像をご覧ください。

 

rapture_20160720160910

 

画像を見ての通り、犬猫の表皮は非常に薄いのです。

皮膚が薄いという事は外からの刺激に弱いという事なんですよ。

 


それに加え市販のフードに含まれる添加物でアレルギーを起こすと皮膚にも悪影響です。

アレルギーは皮膚炎にも繋がりますし、もし皮膚炎を起こして更にそのうえ外からの刺激もあると治りが遅いのです。

カナガンのフードを犬や猫に与えても表皮が厚くなるわけではありません。


 

しかし外からの刺激に弱い皮膚なので、そのうえ更にアレルギーを起こさせるわけにはいかないんですよね。

 

カナガンのフードなら犬も猫もアレルギーを起こさないので、安心なんですよ。

 

それともう一つ皮膚に作用する事があります。

 

カナガンのフードを与えると

 

犬や猫の表皮が薄いというのはおわかりいただけたと思います。

犬や猫は外からの刺激に弱いので、アレルギーを起こさなくても皮膚がただれて炎症を起こす事があるんですよ。

 

でも普段からカナガンのフードを与えておくことで、炎症を未然に防ぐ、または炎症の症状を緩和する効果があります。

フードに含まれているサーモンオイルというのがその働きを担っているんですよね。

 

これはいわゆる抗炎作用で、皮膚炎はもちろん間接炎にも効果があるのです。

 

こうした作用があり犬や猫の皮膚の健康を保っていけるフードなので、検討してあげてください。

カナガンのフードならアレルギー性皮膚炎を起こさない。

 

外からの刺激による皮膚の異常の際に炎症を未然に防いだり、仮に炎症が起こりかけても緩和作用がある。

 

これはドッグフードもキャットフードも同じ作用があります。

 

 

関連記事

 

カナガンのマイページログイン方法|簡単な画像付きで解説