毛玉の原因って知ってます?カナガンのフードならその原因を

犬も猫も毛玉の出来る原因は同じです。

原因が同じという事は改善方法も同じという事なんですよね。

 

717ad3ccacb7faa96b7614d72bc8c93a

 

実はその原因というのは主に愛犬や愛猫に与えているフードの品質が関係しています。

カナガンのフードの質を考えると毛玉を減らせる納得のいく理由があるんです。

 

その前にまずその原因から知っていきましょうか。

 

カナガンのフードを与えると毛玉がなくなるワケ

 

愛犬家・愛猫家の皆さんは犬や猫が自分の体を舐めているのを目にした事があると思います。

これは主に体をキレイにするために舐めるというのは知っていますか?

 

 

体を舐める事自体に問題はないのですが、犬も猫も皮膚から皮脂を分泌しています。

 

この皮脂の分泌量が多いと毛づくろいで毛を舐めると、毛と毛がひっついてしまうんですよ。

 

その為その〝近くの毛にひっついた毛〟がいずれ毛玉となってしまうんですね。

 

81c766a341281a7fc33562995d25cf24

 

これが毛玉が出来てしまう原因です。

 

そして皮脂を過剰に分泌するのは市販のフードという粗悪なフード。

 

皮脂が過剰に分泌するそもそもの元凶は市販のフードなので、フードの見直しをしましょう

 

まず市販のフードは栄養バランスがとても悪いんです。

 

市販のフードは犬や猫が消化しづらい穀物を使用しているし、添加物も当たり前のように使われているんですよ。

 

その為犬や猫がアレルギーを起こしたり、ちゃんと栄養を摂取出来ないのでホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

それが皮膚の異常に繋がり皮脂腺(汗を出すところ)に異常が出てしまうので、皮脂が過剰に分泌されるんですね。

 

そしてその過剰に分泌された皮脂が犬や猫が体を舐めた際に周りの毛とひっついてしまう。

 

それが毛玉になるので、要は栄養バランスの取れたフードを食べてさえいればこの異常事態は起こらないんです。

 

なので市販のフードは早めに見切りをつけましょう。

 

 

カナガンのフードなら、犬猫共にしっかり栄養を摂れるフードです。

 

 

カナガンのフードはバランスが良い

 

上記で説明した市販のフードに含まれている粗悪な素材というものは、カナガンでは使用していません。

穀物は不使用ですし、添加物等は一切含まれていないので安心して愛犬や愛猫に与える事が出来ます。

 

 

という事はアレルギーを起こす事はないし、ホルモンバランスも崩れる事はありません。

 

このような理由により皮脂腺に異常が出る事がないので、毛玉になる原因そのものがないんですよ

 

カナガンはフードを食べられる用になった子犬子猫のうちから食べる事が出来ます。

 

 

それに全犬種、全描種に対応しているし、小粒なので子犬でも子猫でも食べやすいのが特徴なんですね。

 

でももし食べづらそうだとあなたが感じたら、ふやかして与えてあげるとすんなり食べてくれます。

 

もちろん成犬や成猫でも安心して食べられるフードですよ。